TEL
HOME > オスグッド-シュラッター病の情報

オスグッド-シュラッター病とは?

オスグッド-シュラッター病とは、脛骨と呼ばれるすねの骨の骨端核が完全に固まる前に、太ももの筋肉(大腿四頭筋)の過剰な収縮を繰り返していると、膝蓋腱付着部に牽引力が働き、骨端核が剥離する。そのため、脛骨の肥厚と不規則な骨化が起こり痛みをひきおこす運動器疾患です。

 

オスグッドになりやすい人はどんな人?

スポーツ活動に熱心な小学校高学年から中学生くらいの男子がよくオスグッドになります。

 

どんな症状が出るの?

脛骨粗面(すねの骨の上の方)に圧痛(押さえた時の痛み)、腫れ、軽度の熱感がみられます。痛みは膝を曲げる運動で起こり、休むと消失します。部活動以外でも正座ができない、自転車をこぐなど日常生活に支障をきたすようになります。一般的に成長期が終わると痛みは消失するが、骨の出っ張りは残ります。

 

病院での治療

一般の病院や整形外科では、スポーツの禁止、安静にして経過観察をします。サポーターを処方されたり、太ももの筋肉(大腿四頭筋)のストレッチなどをして経過を見ていくことがほとんどです。症状がひどい場合は骨片摘出の手術をする場合もあります。

早くオスグッドを治してスポーツ復帰をしたい人へ

成長期が終わるまで経過観察し続ければ、レギュラーも外され、練習もできないのでうまくなりません。

 

オスグッドの本当の原因は、成長期ではありません。同じ練習をしている同級生全員がオスグッドになっているでしょうか?全員が両足均等にオスグッドになっているでしょうか?痛みは左右均等でしょうか?

 

同じ成長過程で同じ厳しい練習をしている全員がオスグッドにならない理由。全員が左右両足がオスグッドにならない理由は・・・

その答えは『重心のバランス』です。

 

オスグッドになった片足もしくは両足のすねの骨(脛骨)や太ももの筋肉(大腿四頭筋)に負荷が集中しやすい体の使い方のクセがあったから、オスグッドになってしまったんです。オスグッドになっていない人は、重心のバランスがよく足に負荷が集中しない体の使い方をしているんです。

 

オスグッドを早く治す方法

オスグッドを早く治すためには、体の使いグセを分析し、連動性の悪い筋肉や骨格のゆがみを見つけ出し、足に負荷をかけない体の使い方を身に着けることが重要です。

 

体の使いグセは、病院では検査できません。病院の検査のほとんどが体を動かさないレントゲンになります。体の使いグセを分析するためには、体を動かした状態で評価していく必要があります。

自宅でのセルフケア

オスグッドを少しでも早く改善するために以下の方法がおすすめです。

 

浴槽内での大腿四頭筋のストレッチ

①お風呂に入浴し、体を温めます。

②ある程度温まったら、オスゴッドでない方の足を片足立てます。

③オスグッドの足の方は、痛みのない範囲で正座をするように少しづつ曲げていき、片膝を立てた星座のような姿勢をとります。

④この状態で大腿四頭筋がストレッチされています。お湯の中なので浮力が働き、普通に膝を曲げる時よりは痛みが少ないはずです。

 

症状を我慢していると、だんだん悪化し改善までの期間も長くかかってしまいます。オスグッドの可能性があれば、早めに専門家にみてもらうことが解決の近道です!

所在地 〒665-0835 兵庫県宝塚市旭町2-3-3 宝旭ハイツ102
駐車場 2台あり
電話番号 0797-57-9900
予約 お電話・ネットでのご予約が可能です。
休診日 木曜日・祝日 ※日曜日は午前のみ営業