TEL
HOME > Blog記事一覧 > 交通事故・むち打ち > 交通事故に遭われてけがやむち打ちをされた際に覚えておいてほしいこと④総括

交通事故に遭われてけがやむち打ちをされた際に覚えておいてほしいこと④総括

2017.05.17 | Category: 交通事故・むち打ち

これまで数回にわたって、交通事故にあった際の慰謝料、治療について書いてきました。

読まれていない方はそちらのブログも読んでみてください。

 

交通事故にあった際の覚えておくことのまとめ。

 

①治療について

施術の信頼性はもちろんですが、交通事故の場合、慰謝料、保険会社との関係など様々な不安、疑問が生じますので、交通事故関係に詳しいところ、サポートをしっかりしてくれるところを選ぶのがベスト。

 

通院は、整骨院に通院しても整形外科の併用が大切。診断の記録が残るので、痛みがあり、治療を必要としていることが、保険会社に伝わりやすい。慰謝料の問題にしても、医師の診断は大きな力を持つので、湿布だけで通院が面倒であっても2週に1回くらいは、経過を報告しに行くのがベスト。

 

整形外科や整骨院に通っても、電気や牽引だけで治療に満足できないのであれば、転院も可能(保険会社に相談すること)

 

治療の終了は、治癒か症状固定のどちらかになる。しっかり通院したいからといって、症状を誇張して「痛い」といい続けると治らない=症状固定と判断され、打ち切りをする理由になるので、治りかけているならば素直に「改善しているがまだ痛みが残る」という形で伝えること。

 

②慰謝料について

損害を受けたものをお金で補填する。

 

治療に通院するための時間の損害になるので、通院に対する慰謝料も発生するので、早く治すためにも、しっかり通院する。

 

慰謝料の額は、最終的に示談などで決まる。後遺障害などで大きく変動はするが、お金のことの専門家は弁護士である。特約に入っている場合は、一度弁護士に相談し、自分自身の判断で弁護士に任せるかどうかを決めるとよい。(必ずしも弁護士が入るほうが、患者様の幸せになるとは限らないので、しっかり話を聞いて、自分で納得して任せるべき)

 

弁護士への依頼は事故直後から相談がベストだそうです。

 

以上、簡単にまとめると、①どの治療院を選ぶか、②弁護士に依頼するかということです。

 

すべては、患者様自身の判断で決めていくことですが、保険会社などに強く言われ、言いなりになってしまい、自分の希望が満足に通らず、不安や不満がたまらないようにしてください。

 

保険会社の方も仕事なので、慰謝料が少なくなるように言わざるを得ないのです。

 

困ったり、わからないことがあれば、一人で悩まずにわかる人(詳しい整骨院や弁護士)に相談してみてください。

 

交通事故に遭われた方が、悔しい思いをすることなく、自分の希望をかなえ、幸せな方向へ解決していけることを望みます。

 

あさひ整骨院・整体院には、宝塚市をはじめ、川西市、伊丹市、西宮市から交通事故に遭われてけがやむち打ちで悩まれている方が多数来院されています。

ご相談だけでも受け付けていますので、お気軽にお問い合わせください。

所在地 〒665-0835 兵庫県宝塚市旭町2-3-3 宝旭ハイツ102
駐車場 2台あり
電話番号 0797-57-9900
予約 お電話・ネットでのご予約が可能です。
休診日 木曜日・祝日 ※日曜日は午前のみ営業