TEL
HOME > Blog記事一覧 > 猫背,産後骨盤矯正 > ボキボキしない骨盤矯正。ボキボキしない理由とは?

ボキボキしない骨盤矯正。ボキボキしない理由とは?

2017.07.04 | Category: 猫背,産後骨盤矯正

ボキボキしない骨盤矯正のあさひ整骨院の院長辰野です。

 

あさひ整骨院がなぜボキボキしないのには理由があります。

 


首の矯正の写真です。

 

いろんな考えがあると思いますが、あさひ整骨院の考えではボキボキ骨を鳴らしません。

 

理由は、そんなに体中ボキボキ鳴らすと最初はすっきり整った気分になると思いますが、そのあとすぐに硬くなり、またボキボキ鳴らさないといけない状態になります。なぜなら、そのボキボキ鳴らしたところは本当に悪くなっている原因ではないことが多いからです。

 

私も昔は、ボキボキ鳴らして治療してました。その後、たくさんの勉強をし、学んだ結果、ボキボキすることは良くないという結論になりました。ただ、ボキボキ鳴らすのが悪いとは言いません。きちんと学んだカイロプラクティックの先生ならば大変効果が高いでしょう。ただ、ボキボキは素人でも鳴らそうと思えば鳴らせます。それで治っていると思いますか?

 

人間の体の中で本当に矯正(ボキボキ)しないといけない関節は多くても3カ所と言われています。仮に矯正をして背骨のあちらこちらからボキボキ鳴って「今日はよく歪んでましたね。」みたいな感じだとボキボキ鳴らしすぎだと思います。腕のいい先生は、しっかり検査をして原因を見つけ、そこだけを狙ってボキっとします。原因以外をボキボキ鳴らしません。

ボキボキいっぱい鳴らすのは、いわゆるサービスアジャスト(矯正)といって、言葉はサービスしてくれていいように聞こえますが、まったく反対でより歪みやすい体を作っているだけです。これを続けると、いわゆるカイロプラクティック病になり、いつもボキボキしないといけない体になります。これって、体がよくなってないですよね。関節には、硬くなっている場合と動きすぎている場合があり、どちらの場合も異常です。原因以外をボキボキするのは、動きすぎの関節を作っているだけです。

 

体の中には、悪い原因がありそれを守るために、自分から硬くなり身を守る働きがあります。原因を治さずに、体を守っている硬いところをボキボキされると、体は不安定になり、それを守るためさらに体を硬くします。

 

私も原因となる関節を見つける勉強もしましたが、そんなに簡単なものではありませんでした。私のセンスの問題でしょうが、習得するのにどれだけの月日がかかり、その間に患者さんを悪くしてしまってはダメだということで、ソフトカイロプラクティックを学びました。(こちらもかなり難しいし、まだまだ修行中ですが、強引にボキボキしないので安全です。)

 

あさひ整骨院は、体の歪みの原因を作っている骨盤と頭蓋骨と首の上の部分を調節し、その部分の矯正をすることで、みずからを守るために硬くなった体は、みずからの力で緊張をとける状態になるために、骨盤矯正をしています。今のうちに不調に強い体づくりをしましょう!

 

所在地 〒665-0835 兵庫県宝塚市旭町2-3-3 宝旭ハイツ102
駐車場 2台あり
電話番号 0797-57-9900
予約 お電話・ネットでのご予約が可能です。
休診日 木曜日・祝日 ※日曜日は午前のみ営業