TEL
HOME > Blog記事一覧 > 健康コラム > 産後に手首を痛めない抱っこの仕方

産後に手首を痛めない抱っこの仕方

2018.12.19 | Category: 健康コラム

「出産後、手首を痛めたり、腱鞘炎になっていませんか?」

 

あさひ整骨院・整体院の辰野です。

 

出産してから、お子様を抱っこする機会がとても多いと思います。

 

産後の不調でよく相談を受けるのが、手首が痛い!腱鞘炎です。

 

特に初めてのお子様だと、ほとんどの方が今まで子どもを抱っこする機会もなかったところ、急に、毎日何時間も、抱っこし続けるので、痛めやすくて当然です。

 

さらに、初めて首の座っていない子供を抱くときは、必要以上に緊張し力も入ってしまいます。

 

今まで当院にお越しいただいたママの傾向として、はじめてのお子様の場合、二人目以降のお子様の時よりも抱っこする時間も回数も多いように感じます。(泣いてたらすぐに寄っていきますよね。うちもそうでした)

 

不慣れなうえで、抱っこの時間も長い。手首を痛めるのも納得です。

 

抱っこの時に手首を痛めてしまわないように、少し対策があるのでお伝えします。

 

手首を痛めない抱っこの方法は・・・

①お尻側の手のひらを下向きに裏返す(縦抱きになっていれば)

⇒手のひらで支えると、指に力を入れすぎる傾向にあります。指はとても器用に動きますが、力は強くありません。指を使える形で抱っこをすると、ついつい指の力に頼りがちになってしまいます。

そこで、手のひらを下向きにして前腕(腕)で支えてみましょう!指より腕の方が力も強く、そもそも手首より上で支えているので、手首を痛めることはありません。

 

②脇を閉める

脇を空けると、腕だけで重みを受け止めることになります。脇を閉めることで、体全体の力でお子様を支えることができます。

 

まとめると、①と②で手先に頼らず、体幹でお子様を支えれるような抱っこをしましょう!ということです。

 

できる範囲でやってみてください!

所在地 〒665-0835 兵庫県宝塚市旭町2-3-3 宝旭ハイツ102
駐車場 2台あり
電話番号 0797-57-9900
予約 お電話・ネットでのご予約が可能です。
休診日 木曜日・祝日 ※日曜日は午前のみ営業